CA REWARD

JOIN US!採用情報はコチラ

ニュースリリース

ニュース・お知らせ

一覧に戻る

ネイティブアプリ向けに不正利用の検知システム 「Performance Keeper SDK」を開発

2018.04.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)の、アドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、アプリインストール型広告における不正利用の検知システム「Performance Keeper (パフォーマンスキーパー)」(提供:株式会社CAリワード)のネイティブアプリ向けSDKの提供を開始いたしました。

「Performance Keeper」は、アプリインストール型広告における不正利用検知・対策の研究組織「BOSATSU®」が開発した不正利用検知システムです。

昨今、アプリプロモーションにおける不正行為はさらに巧妙化しており、広告クリックからアプリインストール、初回起動、ユーザー登録に至るまでを自動化したツールによって不正利用する手口が見受けられます。 CAリワードではこのような背景のもと、2016年にデータサイエンティスト、サーバーサイドエンジニア、ディレクターによる研究組織「BOSATSU®」を設け、不正利用検知・対策に取り組んでまいりました。

不正利用検知システム「Performance Keeper」は、これまではWebサイト向けに提供を行ってまいりましたが、このたびSDKを開発し、iOS / Androidのネイティブアプリでもご利用いただけるようになりました。本SDKを導入いただくことで、アプリ内のユーザー行動分析ができるようになり、より精度高く不正を検知することが可能となります。

CAリワードでは、今後も、アプリインストール型広告の配信、リワードネットワークの運営を行なうとともに、高度なアドテクノロジーを活用することで、ユーザーサービスにおけるコンテンツ利用の促進に努めてまいります。


■アドテクスタジオとは サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野をはじめ、AI・ロボットサービス分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織です。 2013年10月1日に設立し、現在では4つの子会社を包括し、約200名のエンジニアによって、RTB広告を支えるSSPやDSP、AI・ロボットサービス事業などの約20サービスを提供しております。

株式会社CAリワード ニュースリリース担当
ニュースリリースに関するお問い合わせはこちら